2010年10月24日

LATIN GRAMMY:年間最優秀レコーディング賞(Grabación del Año)ノミネート作品

LATIN GRAMMY 年間最優秀レコーディング賞(Grabación del Año)ノミネート作品

『Tua』
Maria Bethânia. Maria Bethânia, producer; Moogie Canazio & Gabriel Pinheiro, engineers. Track from: Tua [Biscoito Fino]


美しい曲と声。僕は一票入れます。





『Se Me Hizo Fácil』
Buika. Javier Limón, producer; Salomé Limón & Melisa Nanni, engineers. Track from: El Último Trago [Warner Music Spain]


こちらは対抗馬。一歩リードの感も。ブイカの声とチューチョのピアノ。これだな。。。




『Mientes』
Camila. Mario Domm, producer; Gabriel Castañón, Mario Domm, Benny Faccone & Peter Mokran, engineers. Track from: Dejarte De Amar [Sony Music]


上記2つに比べたらまだ青いね。ティーンは押すでしょうけど。




『Una Canción Me Trajo Hasta Aquí』
Jorge Drexler. Matías Cella, producer; Carles Campi Campón, Matías Cella & Alberto Estela, engineers. Track from: Amar La Trama [Warner Music Spain]







『Desde Cuando』
Alejandro Sanz. Tommy Torres, producer; Bob Clearmountain, eng./mixer; Steve Churchyard, Mike Couzzi, Lee Levin, Andres Saavedra, Tommy Torres & Dan Warner, engineers. Track from: Paraíso Express [Warner Music Latina]


大穴。Alejandro Sanzは大好きですが、やはり上記2つの完成度にはかなわないか。


posted by ピカンテ at 08:15 | マイアミ ☁ | Comment(3) | TrackBack(0) | ラテングラミー
この記事へのコメント
私は絶対Alejandro Sanz!!!
Posted by メグ at 2010年10月24日 08:19
Buikaでしょうな。
Posted by JKK at 2010年10月24日 21:22
日本でのテレビ放映などされるのでしょうかね?
アーティストの生ライブを観てみたい。
Posted by コマチ at 2010年10月28日 10:17
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/166932162
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。